看護師家庭医学

看護師に関する情報や家庭での役立ち情報を公開!

看護師という職業は、病気でつらい思いを感じている患者様の看護やその家人に密に接する機会が多く、非常にやりがいのある職業の一つです。患者様に感謝される機会も多いですし、仕事一つ一つに責任が伴うので、達成感も大きいでしょう。そのイメージの裏にはどの職業にもあるとは思いますが、大変多忙な業務をこなしているのです。では看護師の業務内容やや勤務について説明していきます。

患者様の状態管理と看護

看護師の主な仕事である患者様の状態管理や看護業務についてです。看護師同士の患者様の状態変化をカンファレンスやコミュニケーションの中で情報交換を行った上で、検温などのバイタル管理を行います。もし大きく状態に変化がある場合には、検査室や医者と連絡を取りながら、状態の検査や改善に向けた治療を行っていきます。患者様の検査や手術、リハビリなどの日程管理も看護師の仕事です。必要に応じて、検査室などの移動も介護士と協力しながら行っています。他にも移動が困難な患者様には入浴の変わりに身体を拭く清拭を行ったり、トイレに行けない方には、排泄管理を行っています。オムツ交換や、陰部の洗浄なども看護師の仕事の一つです。また、採血や薬の服用管理、ナースコールの対応などこれだけでもかなり忙しい事は理解がいただけると思います。

 

 

看護師の就職なら、好条件かつ高収入求人サイトから!

看護師の勤務形態

看護師の勤務形態というのは、勤め先にもよりますし、病院の方針にもよってきます。大きくは日勤、早番、遅番、夜勤の4つが主な勤務形態ですが、早番や遅番がない職場もあります。また、クリニックなどの個人病院や、通所リハビリなどの介護施設の勤務では、日勤だけの勤務形態もあります。また、看護師が勤める部署によっても日勤だけの勤務の場所があります。例えば、病院にもよりますが、外来勤務や手術室の勤務の場合日勤勤務のみという所も多いです。

ライフスタイルに合わせた勤務先選び

こういった多忙な業務や勤務形態の中で、家庭との両立というのはかなり忙しいです。家族や親の理解や協力が不可欠にはなってくるでしょう。ですから、看護師の中には、結婚や出産を機に退職や職場を変える転職、パートなどの勤務に変更する方も多いです。夜勤や早番がない日勤だけの勤め先に転職したり、よりよい給料であったり、託児所などの設備が整った勤務先を検討するのも一つの手段でしょう。看護師というのは、女性の多い職種ですから、こういった結婚や出産、子どもの成長に合わせて復職先を考えてみるのもいいでしょう。

 

 

保険の基本知識を身に付けましょう!

保険に難しいイメージを感じている方は少なくありません。たくさんの契約内容や、特約、保険の種類だけでも様々な物があり、取っ掛かりにくい印象を持たれやすいです。しかし、保険というのは、先の未来の不安に対して万が一の災難ごとに見舞われた際に、保障をしてくれる大切なものです。誰も先の未来のことはわかりませんから、万が一の事に対しての不安を解消するために保険というのは重要な意味合いを持っています。そんな保険の基礎知識から説明していきます。

保険の保障とは

保障というのは、貴方の保険料に対して、万が一の事態に陥った際に保険契約に基づいた額の保障を受け取る事ができる事です。この保障というのは貴方が支払った保険料を積み立てただけの分を支払われるわけではありません。保険契約者の全員が保険料を負担しあっており、万が一の事態が起きた際には助け合いの精神で、契約内容に基づいた保障を得る事ができます。ですから、加入と同時に万が一の予期せぬ事が起きても契約内容と同様の保障を受け取る事が可能なので、銀行での積み立てとは大きく違いがあります。

 

保険と貯金による積み立ての詳細はコチラから!

 

生命保険とその種類とは

保険にも様々な種類がありますが、ここでは生命保険について説明していきます。生命保険というのは、自身の生命に関わる怪我や事故、年金、介護など志望に関わるものだけをさすのではなく、生活全般の万が一の自体に対して保障する保険です。ですから、保険内容はその契約者が何を一番不安に感じていて、保証を得たいのかという目的を明確にして保険契約を結ぶ必要があります。生命保険の種類としては、終身保険や定期保険、養老保険などがあり、いわゆる保険料は掛け捨てのものや、保険料は高くても積み立て形式の保険も用意されており、自身の予算に合わせて契約していく事が必要です。

 

生命保険の詳しい詳細についてはコチラから!

 

保険給付金の受け取りに関して

保険金の受け取りに関して簡単に説明していきます。保険の契約内容に沿った受け取り事が発生した場合、保険会社に受取人本人が連絡する必要があります。その後、保険会社から事実確認のための書類が送られてくるので、記載して返送しましょう。その内容を保険会社が確認し、契約事項との不備がなかった場合、その内容を受理して支払い可否を決定します。問題がなければ保険金給付金の受け取りが可能です。

 

保険金の受け取りや給付金に関する情報はこちらから!